header

商品管理

島根の地松・二度挽き製材

木材の伐採時期は冬が一番良いとされています。その冬に伐った木をまず大きめに製材して、左のようにじっくりと自然乾燥させておきます。冬場の冷たい乾いた風に当てて乾かすとともに割れとねじれを最大限に引き出します。

乾燥させた地松を、注文寸法が決まったら正規の寸法に挽きなおします。これが二度挽き製材です。こうする事で、木材特有の反り・狂いを最小限にし、材面の良い樹齢以上の寿命を持つ、優良木材を製造する事が出来ます。左記は、平屋の新築上棟後の化粧梁丸太の画像です。

お寺の改装現場 化粧式台45mm上がりですと荒寸法で15mmUP製材にて製造します。